ミステリー小説でキレイになる

私はミステリー小説も好きです。子どもの頃はシャーロック・ホームズなどの簡単な推理ものからムーミンシリーズやピーターラビットの絵本など可愛いものまで幅広く読んでいました。
しかし高校生になった頃からスプラッター系ホラー映画ばかり観たり、ミステリーホラー小説ばかり読むようになりました。
その時期に姉に教えてもらった江戸川乱歩の短編集で、本は完全にミステリー派になりました。
ミステリーの中でも特に不気味な伝記ものを好んで読んでいます。
中でも京極夏彦や夢枕獏のような妖怪ものの小説を書く作家が好きです。
江戸川乱歩は妖怪の話は書きませんが、奇形や変質者を題材にした話が多く、そういう世の中から外れた異端な存在をえがくストーリーに惹かれます。
江戸川乱歩の中で私がダントツで好きな作品が、「人間椅子」です。ネタバレになるのでストーリーは書きませんが、最後に二転三転するどんでん返しにはただただ茫然としました。
短編なのでさっと読めて手軽なのでおすすめです。 京極夏彦だと、かなり有名どころではありますが「魍魎の匣」が好きです。長編なので苦手な人は苦手かもしれませんが、時間をかけて読む価値はありますし、すぐに読み進めてしまう面白さです。情景描写がとても上手く、日本独特の景色がすぐに浮かぶところが好きで「魍魎の匣」が面白いと感じる人であれば、「姑獲鳥の夏」などシリーズで通して読むことをおすすめします。どれも長編ですが、面白いです。 最近読んで面白かったのは、スティーブン・キングの短編集「ミルクマン」です。全体的に陰湿でグロテスクで下品さをまとった作品です。もちろんこれはほめ言葉です。いくつか収録されている短編の中でも、特に「浮き台」「生き延びるやつ」がぞくぞくして面白かったです。「浮き台」は妖怪ものに近い雰囲気があり、「生き延びるやつ」は日常の中に狂気が混ざっているようなホラーです。どれも図書館によく置いてあるので、是非読んでもらいたいです。

スポンサードリンク