電車での過ごし方について

私は、学生の頃よく引越しをしました。引越しをしたため、学校からの距離が長くなり、その分電車に乗ってる時間をたくさん増えました。今までは、なんとなく携帯を見ているだけで時間が経っていたのでしたが、今ではかなりの時間に乗っているためより有意義に時間を使いたいと考えました。
そこで、本を読もうと考え、今では主に小説を読むことを意識するようにしています。実務書などで知識をつけようとしてもなかなか思うとおりに頭に入ってこなかったのですが、小説であれば物語をおうだけなので、リラックスして読むことが出来ます。また、普段は小説を読むことは少なかったのですが、小説を読むことで色々な世界に入り込むことが出来るため、普段の生活では気づくことが出来ない気づきを得ることが出来ます。
未知の世界に触れることでとても豊かな気分になれるようになりました。
電車では、満員電車や遅延などストレスが溜まることも多く、嫌な気分になることが多かったですが、小説を読める楽しみも持てるようになりました。
本って面白いですよね!
はしゃぐ母・・・最近、忍者ブームの子供たちと佐賀県にある肥前夢街道に行って来ました!肥前夢街道は江戸時代初期の長崎街道を忍者の格好をして遊べるテーマパークです。忍者体験や忍者ショーなど、様々なイベントが行われています。一通り遊び遊び尽くした後、たくさん歩いてもう忍者はお腹一杯な私でしたが旦那が忍者ショーをみたいというので忍者ショーのある建物へと向かいました。建物の中は薄暗く、前方にステージがありました。忍者はお腹いっぱいと言っていた私ですが、いざ、はじまると役者さんの演技に夢中になっていました。ショーが終わると、「ステージ上に番号の書かれた手裏剣を隠したから見つけた人に景品をあげる!」というので、子供のために誰よりも先にステージにステージに上がりました。役者さんも「凄いねお母さん!ここにあるよ!」と、手裏剣の場所を教えてくれました。ふと、周りを見るとステージに上がっている大人は私だけでとても恥ずかしかったです。帰り際に役者さんから「お母さん大人げなかったよ!(笑)」と言われて、息子の為とは言え、張り切りすぎた母でした。すっかり忍者ワールドにはまってしまったので、また行きたいと思います。