マレーシアできれいになる

マレーシアと言えば、神秘的なアジアンビューティをイメージしますよね。
若かりし日の出来事。私はある夏からずっと、マレーシアの首都である、クアラルンプールに留学して大学生をしていました。現在は数年おきにはクアラルンプールにいって最近はスパなども楽しむようになりましたが、昔はそのようにはいきませんでした。
学生という身でもありますし、なかなか・・・。
しかもその頃の私は日本の大学生でおきながら、レーシングドライバーとして世界で活躍するプロを目指す一面を持っており、プロジェクトの最年少ドライバーとして活動していました。
私は小学生の頃から、世界でレース活動をしたいと夢を見てきたものが、やっと叶いました。 そのため、私が通う大学側にも協力してもらい、留学先のマレーシアでの学校と授業を用意してもらいました。
そして、週3日の学校生活と、週3日のサーキット訓練、週1日のトレーニングを積み始めて、あっという間に1年が経ちました。
留学して直ぐの時は、いくら好きなレース活動をしていても、ホームシックになることも多々ありました。 しかし、約1年経った今は、少しもそんなことは思わない程、心も体も強くなった気がします。 確かに週1日とは言え、トレーニングはとても辛いです。 私に合ったトレーニングプログラムが用意されているため、休むこともままならなく、涙を流しながらやることもあります。 しかし、サーキット訓練はとても楽しく、少しでもタイムが上がると私はとても嬉しくなるし、やる気が更に出ます。 一方学校の授業はとても難しいです。 基本的に英語での授業で、日本語を話す時間は日本語の授業の時だけです。 初めは英語が全然話せなて苦労しましたが、今は社会で通用するくらいの言葉は話せるつもりでいます。この留学は私にとって、色々なものを与えてくれました。 心や体も強くなり、言語や仲間、レーススキルなど、私はすごく成長できた1年だったと思います。この時間を過ごせた私は、得たものははかりしれず・・・忍耐もつきました!
感謝です!